ごあいさつ


 JBトールシステム株式会社は、本州四国連絡高速道路株式会社(JB本四高速)を中心とするJB本四高速グループの一員として、本州四国連絡高速道路のETCを含む料金収受システムの保守管理、通行料金や交通量の集計・管理を行うとともに、グループの情報処理システムの開発・運用管理や電気通信・情報処理のコンサルティング業務などを担当している会社です。

 当社は、平成17年 5月に株式会社ブリッジ・エンジニアリングより分社して設立され、平成21年 3月にJB本四高速の直接出資子会社となり社名を株式会社TNSから現社名に変更しております。

 料金収受システムの保守管理業務及び通行料金や交通量の集計・管理業務は、本州四国連絡高速道路をご利用されるお客様が円滑に料金をお支払いいただくための非常に重要な業務です。当社は、本州四国連絡高速道路をお客様に安全・安心・快適にご利用していただけるよう、万全な保守管理、確実な集計・管理に努めています。

 今後とも、料金収受システムをはじめとする、電気通信・情報処理の総合エンジニアリングカンパニーとして更なる技術力の向上に努め、JB本四高速グループの一翼を担い社会に貢献できる企業として邁進してまいります。引き続き皆さまのご愛顧とご支援を頂きますようお願い申し上げます。

令和 2年 6月26日

代表取締役社長  中尾 俊哉

お知らせ