事業内容 


 - 道路とともに。これまでも、これからも -

 本州四国連絡高速道路株式会社が運営する道路には、正確かつ円滑な料金収受を行うため、コンピューターネットワークシステムが設置されています。

 料金収受システムと呼ばれるこのシステムは、磁気カード通行券などを利用した磁気システムと無線通信を利用したETCシステム(Electronic Toll Collection System)に大別されます。

 料金収受の総合管理を行う弊社の業務は、料金収受機器の維持・管理業務と、サーバーで収集される各種データの管理の2つの業務に分けられます。

 弊社は、自動車道のスムーズな走行に欠かすことのできない料金収受システムをいつでも最良の状態に保つため、保守、運用においてハード・ソフトの両面から支えています。

  


 [ 保守管理部門 ]

 206155 7127

 神戸淡路鳴門自動車道・瀬戸中央自動車道・西瀬戸自動車道の各料金所に設置されているETC設備を含む料金収受機械システム全般にわたる保守管理及び工事を行なっています。

・日常及び定期点検、故障修理
・ログ解析、データ集計解析
・料金収受関連機器の設置工事、試験調整
・料金収受システム全般にわたる工事 


詳しくみるPlain wht Right


 [ 情報サービス部門 ]

Server01 本州四国連絡高速道路株式会社が運営する、神戸淡路鳴門自動車道・瀬戸中央自動車道・西瀬戸自動車道の通行量、料金収入などの電算業務を主体に、料金収受を支えるサーバーシステムの運用管理をトータルでサポートしています。

・各種統計及び分析データ作成業務
・クレジットカードやETCカード利用走行の請求データ作成など電算処理業務
・各種ソフトウエア開発、サーバーシステムの運用管理



  [ コンサルティング部門 ]

 料金収受システムのデータ分析などの電算処理業務で培ってきたノウハウを活かし、主に料金収受システム運用のコンサルティング業務を行っています。 

 また、本州四国連絡高速道路株式会社の各種情報システムに関して、情報システムの幅広い知識と経験に基づくコンサルティング事業を展開しています。